2011年11月08日

Wiiリモコンに装着するタッチパッド周辺機器の特許


■ Wii Uへの布石? Wiiリモコンに装着するタッチパッド周辺機器の特許が公開

任天堂の最新据え置きゲーム機「Wii U」。
タッチスクリーンを搭載したコントローラーが特徴的ですが、現行のWiiリモコンがそのまま使えることもすでに明らかになっています。

そのWiiリモコンにタッチパッドを追加するアタッチメントの特許(トップ画像)が公開されたと、イギリスのゲーム系サイト「シリコネラ」が報じています。
タッチパッドは鏡とLEDを利用したものになるそうです。
機器内のにLEDが搭載され、画面をタッチした場所のLEDが点灯。鏡でこの光をWiiリモコン先端の赤外線センサーが感知し、タッチ位置のデータに変換するとのこと。

タッチパッドを使わなければそのまま普通のWiiリモコンとして機能するとも伝えられています。
すでにポインティングデバイスとしての機能を果たしているWiiリモコンですが、このような機器があればWii Uや3DSのようなゲームそのまま遊べるようになるのかもしれません。
なお今回は特許が公開されただけであり、実際にこのような聞きが製品化されると決定したわけではありません。

なんだかヘンテコな形しています。



タグ:特許 Wii U
posted by じゅげむくま at 04:49| 特許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。